風俗のマッサージやオナクラについてよく知ろう

風俗を考える

ニュース

意味

imi

風俗とは「しきたり」または「風俗営業を行っている店舗」という意味がある。
「しきたり」を示す場合、この言葉は「社会風俗」「風俗習慣」という風に使われる。これは、風習やならわしなどと同義語である。

また、一般的に「風俗」と言われる場合は「風俗営業を行っている店舗」のことを指す場合が多い。その中でも、日常会話で出てくる風俗とは、後に出てくる『性風俗特殊営業』のことを示している場合がわりと多い。
まずは、風俗営業とはどのような業態であるのかを説明していく。

風俗営業

風俗には、『接待飲食等営業』と 『遊技場営業』 が行われている店がある。

風俗営業の種類としては1号営業から8号営業まで存在する。その中でも、1号営業から6号営業までは接待飲食等営業として扱われている。この業態は、飲食と接待を受けられる施設という扱いである。
そして、残る7号営業から8号営業は遊技を行う遊技場としての位置付けである。遊技の中でも、特に客の射幸心をそそるおそれのある遊技を提供する施設である。
以下に、風俗営業にはどのような店があるのか具体例を記す。

・『接待飲食等営業』
キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、ダンスホール、喫茶店など。

・『遊技場営業』
パチンコ屋、麻雀屋、ゲームセンター など。

特殊

tokusyu

風俗店には、大別すると2つの種類がある。風俗営業を行っている店舗と、性風俗特殊営業を行っている店舗である。ただ、一般的に人々の日常会話に出てくる時は後者を指しているケースが多い。
また、風俗営業と性風俗特殊営業は、法律では別物として扱われている。

性風俗特殊営業は届け出制となっている。また、風俗営業と同様に業態によって区別されている。その業態は『店舗型性風俗特殊営業』と『無店舗型性風俗特殊営業』に分類できる。
店舗型の場合は1号営業から6号営業、無店舗型には1号営業から2号営業までが存在する。ただし、新しい業態が出てくることや法律の改正が随時行われている。法律に関する詳細は法律家に確認するのが適切である。
では、性風俗特殊営業にはどのような店があるのか以下に記していく。

・『店舗型性風俗特殊営業』
ソープランド、個室型ファッションヘルス、ストリップ、個室ビデオ、ラブホテル、アダルトショップなど。

・『無店舗型性風俗特殊営業』
デリバリーヘルス、派遣型ファッションヘルスなど。


[3]
尾張旭エリアの風俗情報満載!ヌケるお店を探しちゃおう*風俗ワールド
風俗を名古屋で探すならここ|マイドル
天王寺人妻エステで至福の時間を過ごそう:セレブガーデンスパ

おすすめトピックス